冬にできるウィンタースポーツ

12月になると本格的に寒さがまして来て、雪が降り積もる季節になり、外で遊んだりすることができなくなってきます。
ですが、冬の時期こそアウトドアでできるスポーツが沢山有り、人によってはとても楽しめる季節になっています。
そこで、冬にできるウィンタースポーツについての紹介をしていきたいと思います。

ウィンタースポーツには、大きく分けて2種類あります。
スキーやバイアスロン、クロスカントリー、スノーボード、スノーホッケーなどのような雪の上で行う競技とスケートやボブスレー、リュージュ、カーリングなどのように氷の上で行われる競技の2種類あります。
日本の北海道や長野県は、冬季オリンピックが開催された事があるため、これらのウィンタースポーツのメッカと呼ばれ県民、道民に楽しまれています。

冬季オリンピックが日本で開催されたことで、全国的にスキーやスノボが劇的に流行ったことがあります。
その時期には、ゲレンデが大量に作られましたが、大量のお客さんが来たことでリフトに一、二時間待ちが多く発生していたことがあります。
現在は、人気が下火になりつつありますが、それでも、冬になると多くの人が長野や新潟、東北のゲレンデなどに足を運び、場所によっては土日に宿が取れなくなる程の人気が残っています。
そんなスキーやスノボを代表とするウインタースポーツを体験したことがない方などが、この記事を読むことで少しでもウインタースポーツについて興味を持っていただけるとさいわいです。